MENU

シミが出来てしまった…化粧品で薄くできる?

シミが出来て嫌ですよ

急に出来てしまうシミ…

 

日々の化粧品&生活習慣の改善でしっかりと解消できる方法を掲載しておきますので!

【鉄板】出来てしまったシミに効く化粧品の3つの選び方

出来てしまったシミに効く化粧品の3つの選び方

シミ対策の美白化粧品を選ぶ際にここだけは押さえておきたい3つのポイントがありますので、チェックしておいて!

選び方@有効成分

出来てしまったシミを薄くしたい、消し去りたいという人にはそのシミに対して効く化粧品を選ばなくては意味がありません。

シミに効果が期待できる有効成分として

  1. ハイドロキノン
  2. L-システイン
  3. アルブチン
  4. ビタミンC誘導体
  5. プラセンタエキス
  6. リノール酸
  7. コウジ酸
  8. エラグ酸

などがあります

これらの有効成分が配合されているものを選ぶことが大切。

 

ハイドロキノン化粧品はその高い効果が出来てしまったシミに期待できる一つです

選び方A化粧品のタイプ

選び方A用途に合う化粧品を選ぶ

出来てしまったシミを消し去りたいのか、それとも全体的にくすみを消したいのかによって化粧品の選び方が異なります。

例えば

  • 洗顔や化粧水、乳液、美容液、クリームなどトータル使用か
  • 重点的に出来てしまったシミに作用するものを選ぶか

用途に合わせて選び方が変わってくるでしょう。

選び方B金額・費用の問題

選び方B続けれらる予算の化粧品

シミに効く化粧品は有効成分に何が使用されているかによりお値段が高くなる傾向があります。

  • 出来てしまったシミに使用したいのであれば、ハイドロキノンなどの良い成分入りの化粧品購入すると効果が期待度がUP

自分の肌に合うか試す為に最初はお試しトライアルを利用しよう

最初はお試しトライアルを利用しましょう

シミに限らず、自分の肌に合っていないものを使用し続けるのは肌に意味がないだけではなく、ダメージを与えてしまうことがあります…

まずは自分の肌に合っているのかどうかをチェックする必要があります

シミ消しの美白化粧品を選ぶ際に、まずお試しトライアルセットから使ってみると良いか。

下記に口コミ評判が高い美白化粧品のトライアルセットランキングを掲載しておきましたので、安価で試す事が可能ですのでチェックしてみてください!

 

出来てしまったシミに効果的な化粧品ランキング

 

出来てしまったシミに効く化粧品ランキング1位:ましろっぷ

ましろっぷの特徴

お試しのトライアルはないのですが、初回42%OFFでずっと同じ値段で使えるシミ用のオールインワンジェル!国から認められた有効成分配合で出来てしまったシミに期待大

多くの商品が高い中でコスパ良くシミ対策していくなら「ましろっぷ」

価格 3480円
評価 評価5
備考 続けやすいが一番コスパ良いオールインワン
ましろっぷの総評

オールインワンジェルとなっているので、他の化粧品分の費用も浮くのでコスパNo1でシミ予防・対策を行っていくなら

 

出来てしまったシミに効く化粧品ランキング2位:ビーグレン ホワイトケア

ビーグレン ホワイトケアの特徴

色々な化粧品で出来てしまったシミ解消を目指してきたが駄目だった方に試して欲しいNo,1がビーグレン ホワイトケア

ビーグレン独自のテクノロジーで肌トラブルの元まで届き解消に近づきます!

価格 お試し1800円
評価 評価4.5
備考 何使っても効果がなかった人へハイドロキノン配合化粧品
ビーグレン ホワイトケアの総評

口コミ評価高いお試しトライアルは1800円送料無料で試す事が出来て、+365日返金保証もあるので安心して試す事が可能!まず1週間試して見る価値あり

 

出来てしまったシミに効く化粧品ランキング3位:アスタリフト ホワイト

アスタリフト ホワイトの特徴

富士フイルム化粧品独自のナノユニット技術で極小化したナノAMA開発。保湿やハリにこだわるアスタリフトシリーズの主成分も配合

美白ケアをしながら、ハリ・うるおいもキープしたい方にオススメ

価格 お試し1000円
評価 評価4
備考 出来てしまったシミの元に届く、働く美白ケアで透明感あふれる肌へ
アスタリフト ホワイトの総評

うるおい感・浸透感を試して見たい方はたっぷり試せる美白お試しトライアルキットを試してみて

 

出来てしまったシミに効く化粧品ランキング4位:アンプルール ラグジュアリーホワイト

アンプルール ラグジュアリーの特徴

シミ肝斑治療センター併設の美容皮膚科総院長が開発・監修したスキンケアとなっており、美白成分ハイドロキノンを安定化させ化粧品に配合

乾燥しやすいというイメージを払拭する保湿力でできてしまったシミとさよなら目指しましょう

価格 お試し1890円
評価 評価3.5
備考 皮膚科医開発のドクターズコスメがアンプルール
アンプルール ラグジュアリーの総評

たっぷりと試せる6500円相当が1890円送料無料にて一人一個限定で試す事が出来る嬉しい特典

 

シミには色々な原因があるので知っておきましょう!

原因@女性ホルモンによる影響

原因@女性ホルモンによる影響

シミができる原因の一つが女性ホルモンによる影響です。

  • シミの中に肝斑と言うのもあっては、左右対称に広がり輪郭がはっきりせず薄い褐色であるのが特徴

30〜40代で発症するケースが多いのですが

  1. 妊娠中
  2. 月経不順
  3. ピルの服用

などがきっかけで発症したり症状が悪化することがあります

女性ホルモンの分泌が増加することによって起こるものなので、産後は徐々に消えていくこともあります。出来てしまったシミは、肌のターンオーバーを正常化させて改善するために保湿ケアを怠らないようにしましょう。

原因A紫外線

原因A紫外線

紫外線もシミができる原因です。紫外線が肌に当たると、肌を守ろうとする機能によりメラニン色素を生成します。

  • 紫外線を浴びる量が少なく、少ない量のメラニン色素生成であれば細胞を守ってくれるのですが、大量に紫外線を浴び大量にメラニン色素が生成されるとうまく排出できず、シミとして残ってしまう

肌のターンオーバーが乱れていると残りがちです。外出時にはしっかりと紫外線対策をして、シミを出来にくくすることが大切

原因B活性酸素

原因B活性酸素

活性酸素はあらゆる老化現象の原因とも考えられていますがシミができる理由ともなっています。

  • 体内の活性酸素が増えすぎると細胞が酸化してしまいますが、紫外線を浴びることで活性酸素も増加。それ以外にもアルコールやたばこ、ストレスなども活性酸素が増える原因

これらの負荷が多いほど活性酸素がたくさん生成されやすいので、肌細胞やコラーゲンが破壊され肌トラブルが起こりやすくなります。それがシミにもつながります。

原因C炎症によるシミ

原因C炎症によるシミ

皮膚の炎症によってシミになることがあります。例えばニキビです。ニキビは炎症を伴う種類がありますが、肌状態が悪いとニキビ跡として残ってしまうことがあります。それが、シミとなって色素沈着してしまうのです。

 

出来てしまったシミ対策をしっかりと把握!

シミ対策@食生活の改善

シミ対策@食生活の改善

シミを解消するためには食生活の改善も効果的です。体の内側からケアをすることで全身のシミ対策を行うことができます。

栄養バランスのよい食事を規則正しく一日三回摂ることはもちろん、メラニン色素の排出を助ける栄養を積極的に摂りましょう。

野菜やフルーツでビタミンCを摂ったり、こんにゃく芋や大豆でセラミドを補ったり、抗酸化作用の高いリコピンなどの栄養を摂るなどの工夫をしましょう。

シミ対策A睡眠の改善

シミ対策A睡眠の改善

睡眠は美肌に大切です。.化粧品以外で出来てしまったシミを解消したいのなら、しっかり眠るようにしましょう。寝ている間に肌は作られます。

キチンと眠ることで新陳代謝をスムーズにし、ターンオーバーを正常化してメラニン色素の排出をスムーズにしていくことができます。

睡眠時間をキチンと確保することはもちろん、睡眠の質も大切です。良質の睡眠がしっかりとれるようにしましょう。

シミ対策B日焼け止めは毎日欠かさない

シミ対策B日焼け止め

日焼け止めを毎日使うことも大切。紫外線は雨の日も曇りの日も降り注いでいます。季節に関係なく一年を通して降り注いでいますし窓からもガラスを通って室内に入ってきますので対策は必要

スムーズにメラニン色素を排出し、出来てしまったシミを解消していくためには、日焼け止めは毎日欠かさずに塗るようにしましょう。

シミ対策Cサプリ摂取

シミ対策Cサプリ摂取

シミ対策を行うにはサプリ摂取も効果的です。ロスミンローヤル等の医薬品やサプリメントを利用することでシミを解消していくための栄養を体に無理なく取り入れることができるからです。

 

栄養は食事から摂るのが基本ですが、現代人は忙しいですし、シミを解消するための栄養を毎日のようにキチンと必要な量を摂るのは大変。

サプリメント等であれば、外食が多い方でも無理なく必要な栄養を摂ることができるので継続してケアすることができます!

>>>ロスミンローヤルをもっと詳しく

 

シミ対策Dハイドロキノン配合の化粧品

シミ対策Dハイドロキノン配合の化粧品

ビーグレン化粧品などシミを薄くする成分ハイドロキノンなどが含まれている化粧品に変えてみるのも手

 

肌に合う・合わないももちろんあるので、口コミ評価高いものでまずはお試しトライアルで試してみると費用もかからないので良いかと思いますよ!

 

口コミ評価高かった化粧品なら

出来てしまったシミに効く化粧品ランキング

 

シミ対策で化粧品使ってみた方の口コミ・評判

シミ対策で化粧品使ってみた方の口コミ

色々な方のシミ対策の口コミまとめ

年齢を重ねるにつれて、顔の頬やこめかみにシミができ始め…

シミ対策化粧品の口コミ1

 

メイクでカバーできるものの鏡を見る度に憂鬱な気持ちになり、出来たシミに効く化粧品を購入して使用することにしました。

 

ハイドロキノン配合のビーグレンのお試しセットを購入して、丁寧にシミのある部分に浸透させていきました。リピして使い続けてみると次第にシミが薄くなり、肌自体も明るくなりました。少しずつですが効果を感じることができ満足

(43歳 福岡県 たおさん)

シミに効く化粧品は口コミ評判見て使いだしました

シミ対策化粧品の口コミ2

 

30代ですが、シミが目立つようになってきていると感じたので口コミ評判良かったアンプルール化粧品を使いだしました。始めはシミに効くというよりは、肌が白くなっているような感覚。半年ほど使い続けていたところ、シミが目立たなくなってきているのがわかるようになってきました。

(35歳 東京 ラブピエロさん)

ケシミンは駄目だったので美白化粧品を使用中

シミ対策化粧品の口コミ3

 

若い頃に紫外線を気にせずに日焼けしていたせいか、40歳を過ぎてから右頬に大きなシミが出来てしまいました…見た目が悪いので消したいと思い、市販のプチプラ化粧品のケシミンクリームを使ってみた。

 

が3ヵ月経ってもあまり変化がなかったので、ネットで口コミ良かった美白化粧品を試したら効果が出てきた!こっちを継続していこうかと

(41歳 宮城県 キンドルさん)

地道に使わないとって思いました

シミ対策化粧品の口コミ4

 

私もシミに効く化粧品を使ったことがあります。ペンシルタイプのシミに効く化粧品だったのですがシミに直接塗り込んでいきました。しかし飽きっぽい性格ということもあり、1か月ほどは使っていましたが効果が現れないためにすぐに使うのをやめてしまいました。

 

出来てしまったシミを基礎化粧品で解消していくことは継続が重要と他の人の口コミで書いてあったので…しっかり使わなければならないと感じました。

(37歳 北海道 ドラ狸さん)

敏感肌でシミに効く化粧品は使用できるか不安でしたが

シミ対策化粧品の口コミ5

 

口コミで敏感肌でも使用できたという事を読んだので、思いきってビーグレンのホワイトニングケアを購入。日焼け止めを使用していなかったので、シミやそばかすが結構あったのですが、肌質も使っていくうちに良くなってきたので購入して良かったです。

 

年代と同じく敏感肌の方が使用した化粧品の口コミを信じ使ってみたのが正解でしたね!

(46歳 新潟県 高橋さん)

 

シミに効く成分にはそれぞれ特徴がある

ハイドロキノン ハイドロキノンはメラニン色素の生成を抑制するだけでなく還元する作用もあるので、肌の漂白剤と呼ばれるほどシミに効く成分。最近は濃度は低いですが美白化粧品にも配合されることがあります。美白効果が高い分、肌への刺激も強いため濃度が高いものは医師の処方箋が必要。しかしイチゴやブルーベリーなどの含まれる天然成分なので、白斑が出るなどの危険な副作用はありません。敏感肌の人はパッチテストを行って、肌に赤みやヒリヒリ感が出ないかを確認して使うと安心
L−システイン L-システインはシミ対策の内服薬に配合。皮膚や髪の毛など人体を構成するアミノ酸で、メラニン色素の生成も予防。体内のL-システインは加齢とともに減少するため、サプリメントなどで増やす方法が一般的です。はちみつや肉類にも含まれていますが、食べ物だけで補うのは難しいです。L-システインには二日酔いを予防したりコラーゲンの生成を促進したりと、様々な効果があるのでアンチエイジングのために摂取する人も多い
ビタミンC誘導体 ビタミンC誘導体もシミに効く成分として有名。ビタミンCにはメラニン色素を還元したり肌のターンオーバーを促進して排出したりする効果があります。効果はそのままで、より浸透できるように作られた成分。水溶性と油溶性、両方の特性を持つものに分けられますが、ビタミンC誘導体は基本的に水との相性が良いです。油溶性も角質層に浸透しやすいメリットはありますが、水溶性あるいは両方の特性持つビタミンC誘導体入りの化粧品を使うのがおすすめ
アルブチン アルブチンはコケモモなど自然界に存在するシミに効く成分。1989年に厚生労働省が美白成分として認可。アルブチンはハイドロキノンとブドウ糖を結合させたもので、刺激が弱いのが特徴です。よりシミに効くのはハイドロキノンですが、刺激が肌に合わない人でもアルブチンは使えることが多いので重宝されます。メラニン色素を活性化させるチロシナーゼという酵素を抑制する働きがあります

 

ハイドロキノン化粧品は使う前にチェックする事が必要条件

ハイドロキノン化粧品は使う前にチェックする項目

出来てしまったシミに対して、ハイドロキノン化粧品を推奨するのですが効果が高い上に、使う前にチェックしてもらいたいことがあります。

パッチテストを必ず行う

ハイドロキノンは非常に強い成分で、肌に合わない場合は炎症を起こす可能性があるのです。

  • ハイドロキノン化粧品を使う前には必ずパッチテストが必要です。

かぶれや色素沈着が起こり、それが翌日には引けばよいのですが、ずっとそのまま色素沈着した状態で残ってしまう可能性もあるからです。ですからハイドロキノン化粧品を使う前にはパッチテストを必ず行いましょう。

塗るのは必ず夜間に塗ってください

塗るときは夜塗ってください

ハイドロキノンを使っている化粧品を使うのは必ず夜間にしましょう。

  • 何故かと言うと、ハイドロキノンは紫外線を浴びることにより成分が劣化する恐れがあるから
日中出かける時は日焼け対策をしっかりと

日焼け対策をしっかりする

ハイドロキノンを使った後に紫外線を直接浴びてしまうと、肌表面でベンゾキノンという成分に変わってしまい、炎症を起こしてしまう危険性があるからです。

 

日中に外に出る際にはしっかりと防止やサングラス、日焼け止めなどで日焼け対策をしっかりと行ってください。

変色したら使用を中止する

変色したら使用を中止する

ハイドロキノンの化粧品を使って、もし肌が変色してしまったらすぐに使用を中止しましょう。

  • パッチテストでチェックする事も欠かさず行っていたのに、肌が赤味を帯びたりするのであれば、それは刺激が強すぎるという事になります。

今使っているハイドロキノン配合の化粧品の、濃度を今一度チェックしてみましょう。敏感肌の女性などは特に変色する危険性が多いので、すぐに使用を控えましょう。

何か副作用の問題が出たら、使用を中止してお医者さんに相談

問題が出たらお医者さんに相談

ハイドロキノンの化粧品を使って、何か問題が起きたら、すぐに皮膚科に相談に行きましょう。

  1. 炎症
  2. 色素沈着
  3. 刺激

など多々ありますが

肌トラブルがあれば自己判断せずに皮膚科へ行くのが一番。ハイドロキノンはもともとはシミを消すために皮膚科で処方される薬でしたが、今では一般の美白化粧品にも含まれています。

 

しかし濃度が濃すぎると何らかの副作用が出てくる可能性が大ですから、その場合は速やかに皮膚科へ受診するのが一番

 

口コミ評価高かった化粧品なら

出来てしまったシミに効く化粧品ランキング

 

シミには様々な種類がある

シミには様々な種類がある

種類@老人性色素斑

紫外線が原因で出来る、シミの種類の中でも誰にでも出来やすくて加齢とともに目立ち始めるのが特徴なのが老人性色素斑

若いうちから紫外線対策をきちんとしておかないと、そのメラニン色素が蓄積されて頬骨や手の甲などの紫外線を受けやすい場所に出てきてしまいます。

スキンケアなどで対処できる

スキンケアでは美白成分の代名詞となるハイドロキノンが配合されている美白化粧品を使用してみたり、ビタミンCやビタミンEなどの抗酸化作用のある食品を積極的に摂取することでシミを薄くすることが出来ます。

種類A炎症性色素沈着

ニキビ跡や肌荒れなどの肌の炎症しな部分に出来るシミの種類が炎症性色素沈着

炎症が治癒する過程で茶色くくすんで、本来なら時間とともに肌色に戻ります。治癒の過程で紫外線を多く浴びたり、肌のターンオーバーがうまくいかないとシミとして残ってしまいます。

マッサージや洗顔で強く擦りすぎることや肌に合わない化粧品を使用することも炎症の原因になるので、気を付けましょう。

種類B脂漏性角化症

老人性色素斑が進行して出来やすくなるのが脂漏性角化症

紫外線が当たりやすい場所に出来やすくて、皮膚が茶色や黒っぽくなり、盛り上がったような状態のシミになります。加齢に伴って出来やすくなり、皮膚の良性腫瘍で年寄りイボなどとも呼ばれています。

痛みや痒みはないことが多いそうです。気になる場合は炭酸ガスレーザー治療や冷凍療法で患部を除去することが出来ます。

種類C肝斑

肝斑はホルモンバランスの影響から出来やすいシミで、30代から50代の女性に多く見られます。

妊娠中や産後、経口避妊薬を服用している人は出来やすいので要注意。閉経ともに消えていく場合が多いですが、摩擦や刺激などで濃くなってしまいます。

他のシミと違って左右対称に現れることが多いのが特徴で、肝斑のケアにはトラネキサム酸という飲み薬を服用するか、肝斑に特化した美白化粧品を使用することがオススメ

種類D雀卵斑

雀卵斑は一般的にはそばかすと呼ばれています。そばかすの原因には2種類あって、遺伝的と後天的なものがあります。

遺伝的な場合は思春期の終わり頃にはそばかすが治まってきますが、後天的なものだと成人してもそばかすが消えない場合には通常のシミ対策を行いましょう。

特に紫外線対策をしないと症状が悪化したりするので、年中紫外線には気を付ける必要があります。皮膚科などでのレーザー治療や薬の服用なども効果的

 

シミ改善する為の化粧品の効果的な使い方

洗顔のポイント

洗顔のポイント

洗顔はほとんどの方が毎日行うものです。毎日行うものだからこそ、お手入れ方法に気をつけることでシミを防いで美しいお肌に近づくことができます。

洗う時は洗顔料をネットなどでしっかりと泡立てる

きめ細かい泡でそっとお肌の汚れを落としていきます。擦らないように泡を滑らせて、体温よりも低い温度でしっかりと洗い流します。そうすることで余分な汚れを落として摩擦によるシミなどを防ぐことができます。

化粧水のポイント

化粧水のポイント

シミに効果があると言われているに化粧水は沢山ありますが、実際に自分に効果があるかはわかりません。大切なのはシミに対して有効に働くとともにお肌を保護する成分も配合されているという事

保湿効果の高いもの・バリア機能を高める成分が良い

美白のための成分だけでなく、保湿効果の高いものやコラーゲンヒアルロン酸などお肌の保湿とバリア機能を高めるための成分が配合されているものを選ぶようにします。

 

化粧水を使用する時は、手のひらで人肌にあたためてから顔全体に馴染ませて気になる部分には再度つけるようにすると効果的

美容液のポイント

美容液のポイント

シミに効果が期待できる化粧品の中でも、美容液は有効成分が豊富で高い効果が期待。

美容液の効果的な使い方は使用方法、用量を守る事

高いからと使用量を少なくすると十分な効果を得ることはできません。基本的には化粧水の後に美容液を使用してから乳液という順番がほとんどです。

 

化粧水によって柔らかくなったお肌は有効成分が浸透しやすく、美容液の効果を高めてくれます。その後に乳液等でしっかりと蓋をして有効成分が逃げないようにします。

クリームのポイント

クリームのポイント

化粧品の中でクリームは美白の効果と、有効成分を閉じ込めて逃がさないという役割があります。化粧水や美容液はどんなによいものを使ってもそのままでは、有効成分がどんどん逃げていってしまいます。

  • 効果を持続させるためには、クリームで有効成分が逃げないようにすることが大切

クリームにはシミにたいする有効成分が含まれているものも多くあるので、自分の肌質にあったものを選ぶことでより効果を高めることができます。

 

選び方のポイントは、自分のシミの種類を確認し、それに対して有効に働く成分が含まれているか確認することが必要

 

薬局のプチプラ化粧品はシミ消しが可能であるか?

薬局のプチプラ化粧品はシミ消し出来る?

薬局やドラッグストアで手軽に購入できるケシミンやちふれはプチプラ美容液として購入できるしみ消しクリームです。

 

プチプラ美容液はメラニンの生成を抑えてシミやそばかすなどを防ぐ効果や、シミ対策のためのクリームで、ビタミンC誘導体が集中的に角質層まで浸透してメラニンに生成をおさえることが期待できますが、出来てしまったシミと言うよりは、シミ予防に近いものと考えるべきです。口コミでも効果ありは少ない…

オバジやSKIIはどう?

薬局やドラッグストアで購入できるオバジにはビタミンCが配合されているのでシミ対策は可能ですが、肌表面のシミには効果が期待できますが、皮膚の深い所に及んだシミには効果はあまり期待できません。

角質層まで浮きでたメラニン色素に対しては働きかけが可能なので、肌がくすんだ印象になった時に使うことで肌が明るく感じることはあります。

薬局で購入できるSKUはプチプラ美容液ではないのですが、1度使っただけでは効果は期待できないのですが継続して使うことで若干はシミへの効果を実感することは期待できるくらいかと。

ドラッグストア等のプチプラは安いが効果が薄いので検討が必要です

ドラッグストア等のプチプラでは出来てしまったシミ対策は厳しい

ドラッグストアなどでプチプラで購入できるシミを消す効果が期待できるというプチプラ美容液や化粧水などは安いため値段を気にせずに使うことができるものの、できてしまったしみを消す効果は薄いことが多いです。

 

薬局やドラッグストアで購入できる美白化粧品などは、どちらかというとできてしまったしみを消すというよりも、紫外線を浴びてしまった後にできるしみ予防のためのスキンケア製品と考えると良いです。

 

できてしまったシミは高額になってもしっかりと美白成分が配合されているスキンケア製品を継続して使う事を推奨

 

出来てしまったシミのQ&Aまとめ

出来てしまったシミに効果的な食べ物ってありますか?

シミを改善するのに役立つ成分として、メラニン生成を抑制するビタミンC、血流改善や新陳代謝を促すビタミンE、β-カロテンがあります。

 

ビタミンCを多く含む食べ物として、イチゴやレモン、赤ピーマンやパセリ、柿などがあります。ビタミンEを含む食べ物としては、アーモンドやモロヘイヤ、カボチャ、卵黄、うなぎのかば焼きなどがあります。β-カロテンを多く含む食べ物としては、にんじんやほうれん草、シソやみかんなどがあります。

出来てしまったシミは市販で売っているケシミンクリームなどで消えるの?

結論から言えば消えることはありません。パッケージや説明書にも記載がありますが、シミやそばかすを予防する、とは書いてあっても、シミを消せるとはどこにも書いてありません。

 

ケシミンの有効成分は、ビタミンC誘導体やビタミンEです。ビタミンC誘導体にはメラニン生成を抑制する効果があり、ビタミンEには血流を促進したり、新陳代謝を活発にする働きがあります。シミを薄くする効果や新しいシミを出来にくくする効果はあっても、出来てしまったシミを完全に消すことはできないといえます。

レーザー治療はシミにどうなの?

医療機関でのシミ治療で主流なのがレーザー治療です。物理的にシミを破壊するので、ほくろのような濃いシミでも解消することが可能。皮膚の深部まで届く波長によって、シミを破壊することができます。施術後はかさぶたができ、剥がれ落ちるまで10日ほどかかります。

 

ただ美容目的で行うレーザー治療は保険適用外の自由診療です。高額な費用になるところがデメリットといえます。施術後は日焼けをしないように注意する必要があります。紫外線を浴びると炎症後色素沈着が起こり、逆にシミが濃くなったように見えます。そしてシミを消したからといって、その部分に再びシミができないというわけではないので

顔のシミ頑固なシミを消すにはどうしたらいいですか?

色々な美白化粧品が販売されていますが、市販の化粧品ではシミを消すことは難しいといえます。ただハイドロキノンという肌の漂白剤といわれている成分が配合されている化粧品は、効果が高いといわれています。まずはお試しセット等で試してみると良いかと

 

最後に

出来てしまったシミを化粧品で薄くしていくことは時間がかかります。

 

出来てしまったシミに合うものをお試しで選ぶ

でも自分に合う化粧品を選び継続していくことで期待大なので、まずはお試しセットで安価に試してみてみましょう!口コミ良いものだけなので^^

 

口コミ評価高かった化粧品なら

出来てしまったシミに効く化粧品ランキング